豆苗とちくわのバター醤油炒め|血中ヘモグロビン量とコレステロール値について

豆苗とちくわのバター醤油炒め|血中ヘモグロビン量とコレステロール値について
豆苗を バター醤油炒めにしました。
 
なるべく 豆苗を多く食べよう!って思って買ってきたんです。
葉酸を多く含むので。
20190617_05
食品100gあたりで考えると
葉酸は、豆苗よりもブロッコリースプラウトの方が多く含まれるし
枝豆・モロヘイヤも多く含むし、それに焼き海苔やわかめをプラスすると良いし
そもそも、レバーをもっと食事に取り入れると、葉酸たっぷり…
 
  
この前 献血に行った時の、血液中の成分結果をみると
ヘモグロビン量は、13.8
この数だけをみると、全然 鉄欠乏性貧血ではないのですが…
赤血球の数が多いから、トータルのヘモグロビン量も多かっただけで、赤血球容積も平均赤血球ヘモグロビン量も基準値以下だったので、改善したいんです。

(赤血球の形を作るのが葉酸です)
 
20190617_01

米油で材料を炒めます。
豆苗に含まれるβカロテンは、油と一緒に摂ると吸収率がUPします。

20190617_02
ちくわを香ばしく炒めてから
豆苗を加えて、さっと混ぜ合わせてしんなりしてきたところで、バターと醤油を加えて調味です。
20190617_03
バター醤油。
美味しい!

豆苗とちくわのバター醤油炒め

材料:2人分
調理時間:10分

  • ちくわ 3本
  • 豆苗 1パック
  • 米油 小さじ2
  • 【A】バター 15g
  • 【A】醤油 小さじ2

作り方

  1. ちくわは1cm幅の斜め切りにする。豆苗は3cm長さに切る。
  2. フライパンに米油を入れて、ちくわ・豆苗の順番に炒める。
  3. 【A】を加えて、さっと混ぜ合わせたら完成。

お好みで、焼き海苔をちぎったもの・七味などをかけると、おつまみ感がUPします。

1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ
1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ

米油は、ほとんどクセがないので、どんな料理にも合います。
ちょっと贅沢だけど…
揚げ物に使うと、軽く仕上がって絶品。
20190617_04

この1年間、炒め物や揚げ物に使う油を、米油に変え
あとがけする物には、えごま油・アマニ油を使うようにしてきました。
血中のコレステロール値。
ほんの少しだけ、下がりました。

ほんの少しって、数値にすると11です。

食生活を変えていないのに、11も下がったのはすごい事なのか!?
そもそも、もうちょっと ちゃんとバランス考えなさいよ!って話ですよね ^^;
(コレステロール値しか数値で見れるものがなく、多分 他の栄養効果は絶大だと思ってます。)

家族のために作るのはまだしも、1人の時に食べている内容に、改善の余地が大いにあり。
多分。
 
プラス、もっとお魚を食事に取り入れようと。
取り入れたら、もっと改善する?
数値に現れる?っていうのも気になるので、実験中。
20190617_000
左)オニオン春菊サラダ 豆腐添え じゃこ海苔のっけ
 ドレッシングは、牡蠣醤油:アマ二油
右)ハマチのお刺身

1ヶ月経ったら、成分献血行ってきます〜

kit21
メニューに困ったら、食材別レシピ一覧をご活用ください。
ブログ内の米油レシピ一覧も、よかったらどうぞ。 
「読んだよ~」のかわりに1クリックで応援していただけると嬉しいです↓
1-blogmura1-recipe
LINEでの更新通知、まだ登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓

Feedlyをお使いの方はこちらから↓

Source: ぽかぽかびより 料理ブログ
豆苗とちくわのバター醤油炒め|血中ヘモグロビン量とコレステロール値について