カリフラワーで作るミートボール

カリフラワーで作るミートボール
IMG_1461_20190310094622ea1.jpg
Cauliflower “infused” meat balls
先日、Taste Of Homeていう雑誌だったと思うんですけど、パラパラ見てると、野菜嫌いの
子供に少しでも野菜を食べさせようと四苦八苦してるお母さんが、ミートボールにこっそり
カリフラワーを入れても子供が気がつかずに食べるっていうレシピが載ってたんですよ。
うちは「野菜嫌いの子供」ではなく「夫」ですが(笑)、なぜかカリフラワーは好んで食べます。
プラス、以前からベジタリアンにはなりきれないけど、プチベジ生活を目指してる我が家には
いいアイデア。早速試してみたら、アラほんとカリフラワーの味と食感を、ほとんど感じない
ミートボールができました。夫からは通常のミートボールよりこっちの方が美味しい(食感がいい)
と逆に好評で、私もこれからミートボールを作る時は必ずカリフラワーを入れようと思いました。

IMG_1451.jpg
カリフラワーはここまで細かくします

作り方は、いつも作ってるミートボールに、玉ねぎと同じくらいにみじん切り(米粒ていどまで
細かく切ります)したカリフラワーを少し加熱して混ぜるだけ。
うちの場合は肉の量を減らすのが目的なので、通常の肉を半分に減らし、その分を炒めた
玉ねぎ、パン粉、片栗粉といったおなじみの材料に、このカリフラワーをごぉ~~っと
加えます。
カリフラワーはレンジ加熱でもよさそうですが、私は炒めた玉ねぎの上にカリフラワーをのせて
フライパンのフタをして、一番弱い火で4~5分かな、じっくりゆっくり加熱します。不思議と水分
がほとんど出ないので、挽き肉たねに混ぜてもビチャッとはなりません。
ちなみにこの写真のミートボールは、ターキーの挽き肉です。焼肉のタレ大さじ3、水大さじ1、
片栗粉小さじ1/2を鍋で加熱してとろみをつけたタレで和えました。(ミートボールは10個分
くらいに使えると思う)

●野菜嫌いの子供(あるいは夫
●ローカロリーダイエット
●病気で低たんぱく食を余儀なくされる
●かさましで食費を減らす
色んな用途に使えますね。しかし日本ではカリフラワーって高いですよね?アメリカでも高い
食費の節約には、ならないか( ̄^ ̄)ゞ

バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



Source: ミセスNewYorkの食卓
カリフラワーで作るミートボール