台湾飯【ルーロー飯】風のっけ弁|レシピ付き

台湾飯【ルーロー飯】風のっけ弁|レシピ付き
お弁当、のっけ弁の方が食べやすいと言うので・・・
今日は、台湾のルーロー飯風です。
20190220_a02

寝る前の作り置きおかずたちはこちら。

  • ルーロー飯風の豚煮込み
  • 小松菜・しめじ・金時人参の煮びたし
  • 青のり入り卵焼き
  • 紅鮭フレーク

20190220_a03
ルーロー飯
もっと脂の多い肉を、鍋でじっくり加熱して柔らかくするものなのですが・・・
豚肩ロースが好きなもので。
電気圧力鍋の力で、柔らかくしました。
 
 
作り方は
最初に、生姜・八角と炒めて軽く焼き色をつけ(出てきた水分を取り除きます←圧力鍋はアク取りが出来ない為)
20190220_a04

ワンダーシェフ社のewonder電気圧力鍋
酢・醤油・砂糖・酒を『追加熱』機能で一度煮立て
20190220_a05

フライパンで炒めた豚肉を加えました。
電気圧力鍋の『追加熱』機能で炒める事は出来るんですけど、なんせ、分量が大量だったのでフライパンで炒めてから、加えてます
20190220_a06

『お好み』キーで12分加圧しました。
写真に撮ると、文字盤の表示がこうなってますが
20190220_a07

朝は温めなおして、ご飯の上に乗せました。
八角、ほんの少ししか入れていません(そこら辺はお好みで)
20190220_a01
電気圧力鍋は、70キロパスカルです。
お手持ちの圧力鍋の、作動圧力によって、加圧時間は調整してくださいね。

ルーロー飯風豚煮込み

材料:4人分
電気圧力鍋使用 加圧:12分

  • 豚肩ロース 780g
  • 生姜(千切り)・八角 少々
  • 【A】酢 大さじ3
  • 【A】醤油 大さじ3
  • 【A】酒 大さじ2
  • 【A】砂糖 大さじ2
  • 【A】水 大さじ2

作り方

  1. 豚肉は、15mm幅に切る。
  2. フライパンに、豚肉・生姜を入れて焼き色がつくよう炒める。出てくる水分はキッチンペーパーで拭きとる。
  3. 電気圧力鍋に【A】を入れ、『追加熱』5分設定で、煮汁を煮立てる。
  4. ②の豚肉を加えて混ぜ、フタをセットして『お好み』12分設定で、加圧する。

圧力が抜けたらフタを開け、豚肉の上下を返すように混ぜてください。
豚肉は肩ロースを使用していますが脂がほどよく入ったものが、おすすめです。八角の分量もお好みで調整してください。 
 
圧力鍋を使用しない場合は、水を1/2カップほど足して、鍋で柔らかくなるまで煮込んでください。

作り置きの、紅鮭のフレークは、アラフォー世代(主人や私)用。
紅鮭のクリプトサンチンが、老眼改善に効くって聞いてから、続けています。
気長にいきます(笑

kit21
メニューに困ったら、食材別レシピ一覧をご活用ください。
弁当のコツ記事一覧(と言っても、まだ7記事)もどうぞ。
 
「読んだよ~」のかわりに1クリックで応援していただけると嬉しいです↓
1-blogmura1-recipe
LINEでの更新通知、まだ登録されていない方がいらっしゃったらぜひ↓

Feedlyをお使いの方はこちらから↓

Source: ぽかぽかびより 料理ブログ
台湾飯【ルーロー飯】風のっけ弁|レシピ付き